1冊メモ防止術(仮)を利用に移しつつあります

みなさんはどうしてインフォメーションを管理していますか?

日記ですか?
タブレットのアプリケーションですか?

わたしはともしっくり来ませんでした。

日記はフレキシビリティーが小さいのです。
レイアウト・ページ人数などはとっくに決まっています。
「コイツ合わないな」と思ってもまた初々しい日記を買ってきて書き写すのも面倒です。

タブレットはそもそも持っていません。
ガラケーは持っていますが、もっぱらメイルというTELのみです。

として、ひとまず無い日記を持っています。
が、最低限のベネフィットしか無く、メモ用紙などは他に持ち歩かなければなりません。

どうしても面倒です。
インフォメーションは1箇所においたほうが活用できるのではないか。

として、奥野宣之ちゃんの「インフォメーションは1冊のメモ用紙にまとめなさい」という正式を買ってみました。

インフォメーション調節技術を説いた正式なのですが、かなり楽しいだ。

何が変わっているかというと、チャンス系列によってメモ用紙にインフォメーションをずっと書き込んで赴き、後から見直すときのインデックスをPCで管理するというものです。

1冊のメモ用紙にメモ用紙から奇抜まで書き込んでいきます。

そうしてPCで履歴を作っておくのです。

そうすれば、メモ用紙は1冊で済みます。何冊も持ち歩かなくていいです。
また、あとからインフォメーションを使うときはGoogleのようにPCで調べをかければいいのです。

これは明るいと思い、直ちに活動に移していらっしゃる。
どこまでうまくいくかわかりませんが、一層やってみたいと思います。ヤミ金融から完全に抜け出すメソッド